治療に対する意気込みはあるか?

 

アトピーを完治させるためには、適当に生活をしているだけでは不可能です。ちょっと厳しいように聞こえてしまうかもしれないですが、現実です。

 

簡単に治る病気ではないけれども、治らない病気ではないという事実があるので、卑屈にならずアトピーと向き合っていく必要があるとおもうのです。

 

僕もアトピーを治療していた時期は、毎日が精神的に憂鬱でした。精神的に暗くなってしまい、友達と交流をさけたり、異性が目の前にいると本当に辛い気持ちになっていました。荒れている顔やゴワゴワの皮膚を見られるのが本当に怖かったです。

 

「どうせ、心のなかでは自分の悪口を言っているんでしょ?」と勘違いしたりしていました。それほど精神的に暗くなってしまうものなのです。

 

しかし、アトピーを完治させた今はというと、過去の自分とは比べ物にならないほど明るく楽しい毎日を過ごしています。スポーツできますし、半袖Tシャツだった着ることができます。肌が健康になり、綺麗になるだけで、生活も気持ちもガラリと変わるのです。

 

あなたも、これからアトピーと本気で向い合って治療していくとはおもいますが、負けずに長い目でみて闘うことを意識してください。

 

小さな習慣が大きな結果へと変わる

化粧品

小さなことをコツコツと続けることは大切ですよね??

 

アトピー治療も全くと言っていいほどおなじなのです。 最初は些細なことから気をつけていくだけで、3ヶ月後、6ヶ月後には驚くほど体が変わってきます。肌の質というのは数週間で変化するほどスピードが早いものではないですが、1ヶ月、2ヶ月単位で見ていくと、本当に変わっていきます。

 

最初は、どれだけ意識して保湿をしたり、食生活を変化させても、お肌に大きな違いは見られないものです。 あれほど頑張っているのに、肌がさらさらにならないからといって、諦めたり自暴自棄になってはいけないのです。誰でも最初は小さな変化を起こすために頑張っているので、諦めず、結果を急ぎ過ぎないことが大切なのです。

 

僕も結果だけを重視して、毎日やるべき治療をないがしろにしてしまいそうになったこともあります。それではイケないと改めて、日々自分を律していました。自分に厳しく治療していると最初は大変ですが、途中から当たり前の習慣へと変化していくので、なんてことなくなります。

 

保湿とアトピーの関係について

 

アトピーが悪化していると、乾燥して肌がゴワゴワとします。いつ血がでてもおかしくないほど、悪化していると本当に辛いですよね。肉体的にも精神的にもダメージがかかるはずです。

 

仮にちょっとだけ肌状態がよくなったからといって、慢心してはいけません、ホッとしているとアトピー肌は一気に悪化するかもしれませんよ、。

 

たとえばですが、ちょっと肌状態が回復しても、気を抜いてしまえば、すぐに荒れます。寝ているときに掻きむしってしまうだけで荒れ果てる事ありますよね?それだけは防ぎたいはずです。

 

肌状態が良かろうが悪かろうが、気を抜かずに保湿を常に意識しておくべきです。仕事中も3時間ごとに時間を決めて保湿する習慣をつけてしまいましょう。保湿ケアをするときは、「これからお肌の状態がどんどん良くなっていく」と思いながらケアしてあげると、精神的なストレスも減っていき、いい方向へとつながっていきます。

 

こちらのサイトは、僕が最近まめにチェックしているサイトです。アトピーに関する情報やアイテムなどのレビューが掲載されているので、参考にしています。アトピーサイトは数多くありますが、本音が乗っているサイトは少なです。そんな中でも信頼できる数少ないサイトです。アトピー治療へのきっかけとして閲覧してみるのもいいとおもいますよ。

 

アトピー肌を改善するコツ

 

アトピー治療はこつこつと続けることを心がけていきましょう。また来週もブログを更新します。最後までお読みいただきありがとうございます。