市販されている化粧水は肌に悪いの?

化粧水

 

市販されているアイテムがお肌に悪いということはありません。

 

 

しかしアトピーが荒れてしまうこともあるのは事実です。 なぜ、こういった現象が起きてしまうかといいますと、それは単純に成分の影響です。

 

 

健常なお肌を持っている人からすれば、何ら刺激のない成分でも、アトピーや乾燥肌の人からすれば、強い刺激になってしまうことがあります。 例えば、アルコールです。傷や荒れているお肌につけてしまうとヒリヒリするので辛いです。これは健常の人からすれば、実感できないことなので、肌荒れに悩む人特有にトラブルです。

 

自分にはこの化粧品は合わないな・・・」 と実感したら、迷わず使用を停止して、新しい化粧品を見つけることに専念するべきです。

 

お金がモッタイナイからといって、我慢をつづけて化粧品を使用するのはあまりにもリスクが大きいのでやめてください、化粧水や乳液はお肌のバランスを保つためのアイテムなので、決して肌に刺激を与える悪いものではないのです。

 

 

乾燥肌専用や無添加アイテムにこだわってみよう

 

 

もしも自分に合わない化粧品を買ってしまったら、迷わず捨てるべきです。 その際は、どのような成分が入っているのかをチェックしておくと役立ちます。メモするのは手間がかかるので、写メを一枚とっておけば問題ないでしょう。次に新しい化粧品を購入するときの参考要素にするべきです。比較できるだけで問題がわかるかもしれないですよね。

 

 

僕は肌に合わないと感じた化粧水や乳液は、実際に皮膚科の医師にみせて、アドバイスをもらうことがあります。皮膚科で進めてもらえる化粧品を購入すればいいよと進められれば、一度は試してみるのもいいですよね。

 

アトピー治療に大切なことは、チャレンジと改善です。

 

赤ちゃん専用の無添加化粧水や乳液はおすすめです。お肌への刺激とよけいな成分が一切含まれていないアイテムなので、安心して使うことができます。肌トラブルが起きるリスクを徹底的に減らすことができます。

 

乾燥肌専用のコスメよりも、赤ちゃんが安心して使えるアイテムを選んでみるのも1つの手段です。

 

PS

どうしても化粧水選びに迷ってしまった時は、デパートやショッピングモールに併設してある、化粧品コーナーへ行ってみましょう。

そこには、プロの販売員がいますので、あなたのお肌にあっている化粧品を選んでくれるはずです。

素人の判断では、余計に肌が荒れてしまうことがあるので、おすすめは、自分で直接プロにアドバイスを貰ってみることです!

やっぱりプロは総合的な知識や、普通の人が学ばないようなお肌の仕組みなどに精通しているため、テキトーに商品選びするよりは、よっぽどいいモノを選べるはずです!ぜひ、お試しあれ。