お肌の乾燥を防ぐためにはどうする?

 

お肌って何もしなくても乾燥しちゃうので困りますよね・・・

 

とくに秋から冬は何もしなくても、部屋の空気や外気が乾燥します。 湿気が少なくなると、どうしてもお肌への負担が増えてしまうので、刺激に敏感な状態になります。

 

アトピー肌が悪化しやすいのは冬場が多いのは、乾燥が原因になっていることが多いのです。

 

 

お肌の潤いを外に出さずに、乾燥を防ぐためにはなるべく乾燥している場所に長時間滞在しないことを意識してください。

 

 

例えばですが、冬場はどこのお店もエアコンがかかっています。エアコンは空気を乾燥させてしまうので、何もしなくてもあなたのお肌から潤いが逃げていきます。

 

冬場の室内湿度は、30%以下になることもあるようです。エアコンやファンヒーターを使うとなれば、更に空気乾燥は起きるので絶対に注意するべきです。

 

理想の部屋湿度は、40度〜50度が理想です。60%程度でもジメジメすることはありませんが、カビや結露の原因となるので、ご注意ください。

 

気温は体感でなんとなくわかりますが、湿度は体感で測ることが出来ないので、必ず湿度計をつかうべきです。湿度計は時計とおなじように、ひと目でぱっと湿度をチェックすることができます。

 

こういった湿度も乾燥の1つの目安として覚えておくと便利ですよ!

 

化粧水は必ず持ち歩くこと

 

化粧水はアトピー肌や、乾燥肌の人にとっては必需品です。どこに出かけるとしても、必ずポケットやかばんには入れておくべきです。

 

 

例えば外出先で乾燥を感じたときは、トイレや人のいない場所でお肌を保湿するべきです。 

 

 

化粧水や乳液などは、小分けにして持ち歩くと便利なので、小さなケースやポーチにあらかじめ小分けしておいた化粧品を入れておきましょう。 100円ショップへいけば、小さなケースが販売されているので、必要に応じて使い分けてください。

 

 

とりあえず、乾燥には保湿が命だということ。そして乾燥が激しい場所を避けることをお忘れなく!