肉は食べないほうが良い?

 

アトピーにお肉は悪いということはありません。しかしお肉は胃腸へ負担をかけてしまうので、あまり理想の食べ物ではありません。適度に食べることで、タンパク質や栄養を摂取できるので、避けるということはしないほうがいいです。

 

しかし毎日ずっと食べているのは、胃腸への負担が強すぎるので、なるべくよく噛んで過剰に食べないようにするべきです。

 

豚肉や鶏肉は、牛肉に比べると消化しやすい部類にはいるので、お肉を食べるときは豚や鳥などにするといいかもしれません。

 

 

それぞれのお肉にはいい部分と悪い部分があるので、バランスが重要です。

 

今日は豚肉を、明日は鶏肉をと、日によってメニューを変えることで、体にもいいです。

 

皮膚科医に食事のアドバイスをもらったところ、何か1つの食材や食事メニューに偏ってしまうのは健康にとって悪いそうです、例えばですが、毎日おなじパスタを食べていたり、同じ食品を中心に食べているのはバランスが崩れる原因となるため、皮膚科医はおすすめしないそうです。

 

たしかに、毎日おなじ食事ではバランスが崩れてしまいますよね。

薬に頼らないアトピー治療とは?

今日は何を食べたかメモしておこう

食事メニュー

アトピーを治すためには、食事メニューを日々チェックしておくべきです。

 

メモ帳を買っておけば、今日何を食べたかメモしておけますよね。1週間毎に何を食べたか、食材は何を選んでいるかなどを具体的に確認していきましょう。途中でバランスが偏ってしまえば、自分で気がつくことができるので、またバランスを取り戻すための献立をつくることができます。

 

現代人は慢性的な野菜不足になっているので、野菜は毎日あたりまえのように食べるべきです。野菜を食べているからといって安心はせず、野菜は食べて当たり前なのだという心構えで日々生活していると、必ずいい方向へつながっていきます。

 

僕は基本的に高カロリーを避けて、なるべく体に負担をかけないメニューを意識しています。